Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

真冬のサウナの入り方と、脱週イチサウナ宣言

f:id:F-Katagiri:20220323105029j:plain
上越の雪はすっかり解けて、もう春である。1月から回数券を買って、週1回かわら亭に通い詰めた。3カ月10回5,000円である。1回500円。しかし、3カ月で使い切るには、週1で行かねばならぬ。

真冬のサウナは、外気浴がもう、修行だ。気温5℃以下なんてざらだ。かわら亭の水風呂なんて、10℃よりちょっと上ぐらいなのか?と思うくらい、キンキンに冷えている。1分と入っていられない。

そこでの外気浴、体を十分に拭いて、露天風呂のヘリに座り、足は露天風呂の中に入れておく。これが良い。真冬の外気浴で辛いのは、足である。足もとが冷たいと、それが気になって自分に入り込めない。足もとだけでも暖かくすると、いい感じでいつまでも座っていられるのだ。

だから、理想の外気浴は、外に足湯があるところなのだろうけれど、そんな施設はどこにもない。

まぁ、これで真冬のサウナでは、結構ととのえる。しかし、これは、ととのっているのか、あまりにも寒くて凍えているのか、ちょっと混乱しながら、寒い寒いと思ってサウナ室に入ると、至福の時を迎えられるのだ。

サウナに入った後、積もった雪にダイブ!ができるかな?と思っていたのだが、今冬の妙高は、雪は多かったけれど、結構湿った雪で、かわら亭に積もっていた雪は、ガリガリの雪だった。降りたてだったらよかったのかもしれないけれど。

《脱週イチサウナ》
新潟には、サウナメインの施設が皆無だ。温浴施設にサウナが付いていたり、温泉がメインで、サウナは申し訳程度に付いていたり。サウナメインの施設も最近できたのだが、水風呂が海だったりと異端だ。

だから、新潟にはまだまだサウナ文化が根付いていないと思う。サウナ文化とは、何かというと、「サウナでのマナー」を守る人がサウナを楽しむ施設がたくさんあるということだ。サウナメインの施設があれば、当たり前のマナーを守れる人に愛されるだろうし、店側もそれを発信するはず。水風呂に汗を流さず入ったり、サウナ室で喋ったり、サウナ室で汗をだらだら床に落としたりというようなことは少なくなるはず。

サウナしきじや、ホテルニューウイングのような施設が新潟にできないものだろうか?

サウナを知って6年だが、新潟県内の主たるサウナに入っていったが、サウナメインの施設というものは無かった。ところどころ残念な部分があり、残念な客がいた。

「今年は週1でサウナに行くぞ!」と新年の目標に掲げていたが、毎回、「今日は当たりかな?、外れかな」とビクビクしながら行っている自分がいて、「これって、癒しになっていないよな。」と思ってしまった。もちろん、広い風呂に入れるとか、真っ裸で外気に当たるということは、アパート暮らしではできない体験なのだけれど、1人マナーを守れない人がいるだけで、せっかく500円以上払って行った癒し空間が台無しになる。

最近はコロナのせいで、サウナ入室人数も制限されていて、平日夜行っても混んでいるときもあり、「あ、今のうちサウナに入らなきゃ。」「あ、今のうち水風呂に入らなきゃ。」なんていつも気にしていなければならない。目の前では、ガチャガチャした色のあふれたテレビが流れていて、心の中もそんなことを常時思っていなければならないし、全く癒しにならない。これを週1で行い、たまにある、客が少ない「最高の時」を体験するために、他のほとんどの「イライラする時」を我慢するって、本末転倒だな、と思った。

だから、この回数券がなくなったら、しばらく常時サウナに行くのはやめようと思う。その分お金を貯めて、比較的近い「The SAUNA」とか、ちょっと遠いナスパニューオータニのサウナとか、2〜3カ月に1回行ければいいのかな?とも思う。

それでも、もっとお金を貯めてサウナの聖地に旅行したり、はたまた、テントサウナを買うしかないのかな?

スパ&ラウンジ長潟

f:id:F-Katagiri:20211230091912j:plain

今年最後のサウナは、スパ&ラウンジ長潟にした。会員ではないので、風呂のみ1回2,199円を払わねばならないのだが、HOT PEPPERビューティーの年末サービスポイント3,000円分が付与されたので、60分のマッサージとセット(5,170円)で予約した(支払ったのは、2,170円)。そうでもなければ、高額で入店できない。

とはいっても、月額8,799円で会員になれる(風呂のみ)。ここの近くに住んでいたら、きっと会員になっていたと思う。高額だから、空いているし、施設も新しい。ラウンジも広い。サウナはボナサウナで、90℃前後の温度ながら、湿度が適度で、たっぷり汗をかける。しかし、サウナにテレビがあるというのが玉に瑕。露天風呂にもテレビがある。テレビがあったら、リラックスできないということを、サウナ施設の人はわかって欲しい。特にこういう高級店は。最近はもう慣れてきたけれど。

外気温3℃でありながら、外気浴をする。水風呂につかった後は、3℃も耐えられるのが不思議だ。荒天だったが、ちょうど外気浴している時は雲の切れ目から青空が見えるほどだった。風が強いが、だんだんぼーっとしてくる。これはととのってきているのか、意識が遠のいているのか微妙な感じだ。その後、熱い湯に入ると、体全体がビリビリ痺れて来る。冬のサウナはこれが体験できるからよい。

マッサージの時刻はもちろん決まっていて、サウナの時間を1時間に設定していたから、ちょっと足りなかった。好きなだけサウナに入って、その後好きな時刻にマッサージに行けたら最高なんだけれど、それは叶わないんだろうなぁ。

今日のととのい度→4 ★☆☆☆☆

今年のサウナ回数は32回。ちょっと少なかった。週1回なんて全然行けていなかった。上越のアパートを引っ越して、風呂が極端に狭くなったので、来年はホームサウナの3カ月回数券を買って、週2回行くことを目標にしよう。3カ月回数券は実質1回約500円になる。ホームサウナは冬期間、外の水風呂が閉鎖だから、ちょっと不満なのだが、それでも500円であの温泉に入れるんだったらそれでもいいと思う。サウナに入った後、ビールを飲まず、食事のみをして寝ると快眠度は極端に上がるというのを何度も経験したので、最近は酒飲んで酔っぱらうよりも、快眠した方が心地が良い気がしてきた。歳なんだな。

今年はThe SAUNAに行けたのがとても良かった。初夏に生き、ちょうどいい感じで涼しかった。真冬にも行ってみたいが、体力的にどうなんだろうか?しかし、あの丸太小屋のサウナはいい経験だった。最近は予約開始と共に即満杯のようだ。宿泊とセットのコースもあるので、それなら予約が取れそう。

テレビの番組ではサウナ特集が今年特に増えた。サウナが取り上げられて、施設も増えるのもいいのだけれど、誰でも彼でもサウナに行き、混んでしまうのが残念だ。マナーも知らない人がサウナ内で喋るわ、汗も流さず水風呂に入るわ、やめてほしい。ブームで終わって、「サ道」1st Seasonの時代に戻って欲しいなぁ。それももう夢なのか。

それから、県外サウナに全く行かなかったな。県外自体ほぼ行っていないのだけれど。

今年の月別サウナ回数
 1月 2
 2月 2
 3月 4
 4月 2
 5月 2
 6月 3
 7月 4
 8月 3
 9月 3
 10月 2
 11月 1
 12月 4
 合計 32回

秋の空は何の比喩か?(かわら亭)

f:id:F-Katagiri:20210929145409j:plain
こんなタイトルでもサウナの記事です。

かわら亭の外の水風呂も、10月下旬までということで、それまで満喫しようと思って行ってきた。この夏ぐらいから、露天風呂にある庭にベンチが設置され、そこで横になることができ、いい天気だったので、秋の空を眺めてきた。

仰向けになり、目をつぶって風を感じ、目を開けるとさっきの空とは違うものになっている。いい風だったので、上空の雲の形が違ったものになっていたのだ。

「○○心と秋の空」というけれど、秋の空は夏に比べて変わりやすい、ということなのだが、新潟の冬に比べたらそれほど変わるわけではないよなぁと思いながら、ぼーっと見つめていた。「男心と……」と「女心と……」では、「秋の空」比喩の使われ方がちょっと違うようだ。
allabout.co.jp

「男心と……」の場合は、「いろんな女性を好きになる」という意味で使われ始めたらしい。いわゆる「移り気」というわけだ。これだったら、「秋の空」が、雨だったり、晴れたり、曇ったりと目まぐるしく変わるという意味の比喩で使われていることになる。

「女心と……」の場合は、喜怒哀楽、様々に変わるということなのだが、これは、私が今日見た「秋の空」、晴れているのだけれど、どんどん雲の形が変わって別の様相を見せている感じだ。今日は「女心」のような空を眺めてととのってきた。

サウナに行ってととのうと、悲しい気持ちになってくる。これはなんだ?と思っていた。テレビ東京の「サ道」(1シーズン)でも、原田泰造がととのっているときに涙を流していたシーンがあった。今日もちょっとそんな感じになった。

ネットで調べてみると、リラックスして、副交感神経が興奮し、涙が流れてくるというのだ。
www.j-cast.com
夕日を見ると悲しくなるというのと同じらしい。

それから、サウナや温泉に行くと、子どもたちの小さい頃の姿もセットで思い出す。

この感じは、「懐かしさ」や「悲しさ」や「愛おしさ」と同じようなものなんだと思う。

今日のととのい度→5 ☆☆☆☆☆

ナスパニューオータニ

f:id:F-Katagiri:20210825160729j:plain
1泊2日の出張で講演を頼まれ、ナスパニューオータニに宿泊した。もちろん宿泊代も出してもらえるし、夕食代も出してもらった。普通は宴会もあるのだが、コロナ禍なので、宴会(食事会)は遠慮させてもらった。夕食はバイキング形式だった。1人でバイキングというのはちょっと寂しいので、早々に引き上げてしまった。

調べたら、ここのサウナは評判がいい。期待して行ったらとても清潔で、広い。広く、普通なら、16人程度入れるのだが、コロナ禍で定員3名と決められていた。いや、それは厳しすぎないか?と思ってしまったが、私のタイミングでは満杯になっていたときは無かったので、待たされることはなかった。平日夜の普通は夕食時間帯だったからだろう。

90℃に到達しない温度だが、十分に汗が出てくるサウナだった。

最近はサウナタイマーを見ることはなくなった。以前は「12分たつまで我慢しよう」と思ってタイマーをにらんでいたのだが、熱ければ出る。まだだったら座っているというように、自分の体に向き合うようになって来た。そうするようになったからといって、必ずととのうわけでもないのだけれど。それでも、サウナぐらいは、自分の感覚をもとに楽しみたい。ととのおうが、ととのうまいが、最近はどうでもよくなってきた。

ベランダと呼ぶべき外気浴スペースがあり、椅子が2脚ぐらいしかない。これもコロナ対策だろうか?椅子待ち列が発生したときもあったかも。そこからの眺めは、山の風景で、緑の中に道しか無いものだ。雲が速く流れて、ちょっとどんよりしていて、もうちょっと風があったらよかったかも。

日帰りで1,100円で入れるのだが、ここだったらコロナ禍制限が無くなったらまた来てもいいかな?と思えるところだ。何せ、サウナにテレビが無いところがよい。オルゴールがうっすらかかっていたかな?新潟県内で一番いいサウナだったかも。コロナ禍制限がないか、客がほぼいなかったらという条件が付くけれど。

今日のととのい度→1 ☆★★★★

かわら亭

f:id:F-Katagiri:20210624111058j:plain
外の水風呂が再開している。5月末に再開されたのだが、それほど冷たくはない。GWぐらいには再開してほしかったなぁ。本日はLINEのクーポンで半額だったので行った。昨年買った回数券は春に既に尽きていた。

駐車場に車を止めてかわら亭に向かっている時に嫌な予感がした。30代前後の男2人が仲よさげにかわら亭に向かっていた。案の定、風呂の中で喋る喋る。ったく、せっかく人がいない時を狙って行ったのにもかかわらず、この2人がいるおかげで、台無しである。風呂や、露天風呂で喋るんだったら、大目にみてまだ許せるが、サウナの中でも喋り出す。こういうマナーを知らない者、コロナ禍の中、平気でマスク無しで密室で喋れる神経があるのか、単なる無知なのか、せっかくのサウナが台無しであった。半額だから我慢するしかないのか?

この時のイライラがあったから、先日の会議で、私の席に座っていた人が、会議が始まっていたのに平気で喋り続けていたので、黙らしてしまった。

それはそうと、かわら亭は外の水風呂開始に合わせて、改装した。滑りやすい屋内に手すりがつき、石庭だったところに一部人工芝が敷かれ、石造りのベンチが3つ設置された。休憩がしやすくなったのだ。しかし、石造りのベンチは、冷たい。夏はいいけれど、秋になりちょっと涼しくなったら、座ること自体が厳しいだろうなぁと思う。

以前ちょっとだけホリデーチェアが1脚置かれていた時があった。続けてくれないかなぁ?と思う。

とはいっても、今の季節、ベンチに横になって休憩できるので、堪能したい。今日はあの2人組がいて、イマイチだったが、先日訪れた時は、きちんと整えた。

食事処が、毎日夕方営業するようになった(以前は金、土、日の夜営業のみ)。最近はサウナに入ったらビール、というパターンを外れ、サウナに入ると食事が美味しく思えることを知り、今日は食事をすることにした。生姜焼き定食900円で、それを食べればビールを飲まなくても満足。金曜日はフライ定食が500円だというので、いってみようか?

さて、次に行く時は、回数券もないし、10回回数券6,000円(1年間有効)を買おうべきか、買うまいか。水風呂がぬるいので、ちょっとためらう。

今日のととのい度→2 ☆☆★★★

The Sauna

f:id:F-Katagiri:20210608134811j:plain
こんな近くにこんな素晴らしいサウナ
lamp-guesthouse.com
があるんだから、予約して休みを取って行った。予約は1カ月以上先まで埋まっている。たまたま平日のこの時間帯がぽっかり空いていて、ぽっかり空いているということは、団体が入っていないだろうし、私が入れれば団体も入らないだろうと思って、思いっきり予約を入れた。

数日前まで雨が降り、寒い日が続いていたが、その日は気温が上昇、外気浴をするのだから、ちょっとは暖かい方がいいはずで、ラッキーだった。私のアパートから約50分で着く予定だが、下道を走って行くと、カーナビでは、ぎりぎりに着く表示になっていてちょっと焦ったが、後から分かるが、2時間の予約で、2時間まるまるサウナを楽しまなくても十分いい。だから、ちょっと遅れたとしても、全く焦る必要は無かったということが分かる。7人定員で団体で入っていた場合、みんなと一緒にサウナを始めるのは結構気まずい。団体のノリについていけないときもあり、団体と水風呂、休憩のタイミングが一致した場合、窮屈な思いをしてしまう。だから、1人の場合は、タイミングをずらす意味でも、10〜15分遅れていても何も気にしないでいい。

普通の風呂が本館の中にしか無いので、この季節、体を温める術がサウナの中しか無い。だから、だんだんと風呂につかりたくなる。1時間半あれば、十分に楽しめるということが分かった。

カーナビの予想は外れ、20分ほど早く着いてしまった。出迎えてくれた定員さんが笑顔で対応してくれた。それだけでも良い施設だということが分かる。2,000円を払い、開始10分前に着替えてサウナ小屋まで行くようにと教えてくれる。どんな格好で行けばいいのか?と聞いたところ、サウナに入るそのままの格好で、と言われる。海パン一丁で行けばいいのだ。貴重品ロッカーが風呂場の脱衣場にあるので、そこに入れればいいと聞かされたので、財布やらiPhoneやら全部入れてしまったのだが、iPhoneは持っていけば良かった。写真が撮れないし、外には時計が無いから何時だか分からない。Apple Watchを付けて行けば良かったのかもしれないが、100℃近くでApple Watchは故障しないのか不安。

2つサウナ小屋があるが、眼鏡もおいてきたので、どっちだか分からない。うろうろして、「私の入る「カクシ」は2号サウナということだから、奥の方なんだろうと思い、小屋の近くに行ったら従業員がいたので、声をかけてくれた。尻に敷くバスタオルを渡してくれる。なんだ、自分のバスタオルを持っていかなくても良かったのか。2階建てのサウナと聞いていたのだが、1回は物置で、持っていった自分のサウナやマスクなんかをロッカーに入れておく。観音開きの扉を開けて、狭い階段を昇っていくと頭皮で熱さを感じられる程のサウナ室があった。

中央の階段をぐるりと取り囲んで椅子が配置され、1つの隅にサウナストーブがあった。事前にもう一度予約状況を見ていったのだが、その時間帯は満員だった。7人定員でもう既に6人座っていた。あれ?開始時刻前にもう入っていたの?全員がサウナハットをかぶっていて、配られるのか?と思ったら、全員買ったんだって。6人の中の1人は女性で、この人は個人で来たそうだ。ということは、5人が団体で、仲間らしい。ちょっと若めのいけいけ団体だった。が、人当たりは良く、そんなに悪い気はしない。マスク無しで喋っていたけれど。

みんなは私よりも早く入っていたので、蒸されるのも早く、全員が早めに出ていった。外では水風呂に入りながら騒いでいる声が聞こえる。うーん、彼らとサイクルを同じにしてはだめだな、と、水風呂が空きそうな時刻まで頑張って蒸される。

温度計があって、96℃を指していた。結構熱い。セルフロウリュウができるようになっていて、もしかしたら初めてひしゃくでアロマ水をサウナストーンにかけたのかもしれない。かけるとすぐに熱気が伝わってくる。まぁ、我慢できない熱さでは無い。

今までにない体験として、風呂に入らない状態で、海パンでサウナに入ったということ。いつもは体を洗って、お湯で体を温めてからサウナに入る流れだったが、それをしないでも結構熱くなり汗をかくな、というのが分かった。今度から体を洗ってすぐにサウナに入ってみよう。

みんなから遅れて水風呂に入ろうとする。一緒だった一人の男性が「ここ、滑るから気をつけて下さい。」と教えてくれた。なんていい人なんだ。水風呂は皮から引いた水で、入るところは、樽で、結構深い。そして冷たく、なめらかな水というのがすぐに分かる。数分も漬かっていられない。いい感じ。

Colemanのリクライニングチェアがたくさん置いてあり、テントの内外に配置してある。私はテントの外で休憩したが、林が風に揺れて葉のこすれる音の下1サイクル目からととのってしまった。そりゃあ、ととのわないわけ無いよな。

海パンをはいているので、腰回りがだんだん冷たくなってくる。これだけがちょっと気持ち悪い。真夏だったらそんなことは無いのだろうか?

2サイクル目からは、それぞれタイミングがずれるので、サウナ室に集まるのは、3〜4人で余裕を持って蒸されることとなった。水風呂待ちも無いし、定員制、予約制だったら、休日でも同じようにゆっくりとサウナを楽しめるのだろうか?

3セット目休憩でもととのい、初の3/3ととのうことになった。これも初めての体験。いつもは2回目にととのうと、3回目はととのわないのだよな。その時点で時刻を聞いて、あと30分位だということを知る。時間が来たら係の人が教えてくれるのかな?と、分からないのだが、体が冷えてきたので、サウナに入って温める。その後、ちょっと休憩して、本館にある風呂に入る。

風呂は4人ぐらいが入れる広さで、暖かかった。今まで当たり前のように最後に入っていた湯船だが、かなり貴重なんだな、と分かった。サウナだけでもダメで、この施設では湯船につかり、体を洗う必要がある。なにせ、川の水掛け流しの水風呂だから。洗わないと。

f:id:F-Katagiri:20210608141739j:plain
レストランもあるのだが、ちょっと早い時間帯だったので、食べないで帰る。今度は、夕方の時間帯にして、夕飯を食ってから帰ることにしようかな?

全く新しいサウナ体験だった。他の施設に行くことを節約しても、月に1回は来てみたいところだ。

今日のととのい度→5 ☆☆☆☆☆

赤倉ホテル

f:id:F-Katagiri:20210520140721j:plain
新聞の折り込み広告に、200円OFFのクーポンがついていた。温泉旅館にサウナが付いているところは少ないので、珍しいから行ってみた。当日は標高の高いところは霧に包まれ、赤倉温泉街は真っ白で自動車の運転が危うかった。そんなことなので、観光客はほとんどいず、広い大浴場をほとんど一人で使うことができた。

老舗温泉ホテルで、建物は古いが、作りがいいし、掃除が行き届いている。大浴場も大理石(だと思われる)、サウナはちょっとくたびれていたけれど。

源泉掛け流しの硫黄の匂いのするお湯で、湯の花が豊富に浮いている。ちょっと気持ち悪いほど。汚くは無いのだろうけれど、あそこまで浮いているとちょっとひく。慣れればなんともないのだろう。

サウナ室は温度86℃で低めだが、じっくりと入っていると十分に汗をかく。計時は砂時計。このご時世、ディスタンスを保とうとすると2名しか入れないだろう。つまりかなり狭い。繁忙期に行く着はしない。

致命的だったのが水風呂がないということ。サウナメインで来る施設では無い。水シャワーを浴びるが、これはかなり冷たく感じた。気温18℃だったからだろうか?長く浴びていると結構冷える。

露天に行き、休憩場所を探すが、湯船でほとんどの面積を占めている。中にあった椅子を持ち出し、風呂の縁に起き休憩する。人がいないからできる芸当だろう。雨が降り、新緑からも雫が垂れる。これはこれでいいヒーリングになったと思う。

硫黄の匂いがいい感じで、温泉に来たぞ、という気分になる。しかし、通常日帰り温泉1,000円だったら、水風呂も無いので、もう来ないかも。

今日のととのい度→1 ☆★★★★