Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

またまた「学び合う国語」

今日は長男のサッカースクールだった。長男の1,2年生クラスが終わってクラブハウスで帰り支度をしていたら、昨年までスクールのクラスが同じだった子のお母さんが見慣れた本を読んでいた。

なんと「学び合う国語」じゃないか。そのお母さんとはサッカーの行事でよく一緒になるので、会えば挨拶したり、「アルビの試合が……。」と話すぐらいの知り合いだったが、教師をしていたとは知らなかった。

「その本って……。」と話しかけ、「この本の名前、私なんです。」といったらめちゃめちゃびっくりしていた。だいたいお互いの名前は知らないのだから当たり前か。子どもを起点とした繋がりは「○○くんのお母さん」とか、「◎◎ちゃんのお父さん」とでしか認識しないのだから。

話を聞いてみると、西川先生の講演を聴いたことがあり、これから『学び合い』を導入したいと考えていらっしゃるそうだ。本はどこも売り切れで、ネットで注文したそうだ。

いやぁ、思いもかけないところに読者がいて、感激した。もちろん、フォーラムの宣伝をし、今度資料を渡すことにしたのは言うまでもありません。



","kurochan2008�wはなっこりーです。「学び合う国語」をネットで注文しています。とても楽しみにしています。ご指導よろしくお願い致します。�x
F-Katagiri�wはなっこりーさん、コメントありがとうございます。<br>「学び合う国語」はいろんな人の実践や、いろんな人の考え方が書かれてあるので、いい本になっていると自画自賛しています。�x
Mizuochi�wいい仕事してますね~!�x
F-Katagiri�wMizuochiさん、何か不思議な力で引きつけ合うんでしょうね。なんでしょうね。呼び合うというか……。�x