Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

f:id:F-Katagiri:20211020125821j:plain
2021年製作/164分/G/アメリ

ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド役が最後ということだ。ダニエル・クレイグの007は全て観ていたと思う。2006年制作の「007 カジノ・ロワイヤル」以来だから、15年間ジェームズ・ボンドを演じた。私はそれまでのジェームズ・ボンドよりも、ダニエル・クレイグの方が好きで、小柄だが、どんなアクション後でもスーツをバッチリ着ている姿が格好良かった。

しかし、今回観てみると、53歳での衰えがちょっと際立ったかな?と思う。普通の人間だったら当たり前の老け方なのだが、ジェームズ・ボンドだったら、もうちょっと若々しくいてほしかった。スーツもあんまり着ていなかったし。リタイヤした後という設定(後に復帰するが)だからか、ラフな格好が多く、ちょっと残念。

内容は、コロナ禍でかなり上映延期されていたが、制作の遅れや、公開できる映画館が無かったためということもあるのだろうが、内容的に、コロナ禍のような世界を描いているというのもあるのかもしれない。まさにドンピシャであり、「ウイルス」により、通常当たり前にできることとが、できなくなるというもどかしさも描いている。それは男女の仲や親子の間のことも同じで、「接触」というものが、いかに人間のコミュニケーションにとって大切かということも描いていた。

全体として、アクションがあまり迫力のあるものではなかったな、という印象だった。初めのカーチェイスは圧巻だったが、その後はただ銃で相手を撃ったり、素手で殴ったりというもので、あれ?こんなんだったっけ?と思ってしまった。

ボンドがリタイヤした後、MI6では、その後の007が就いており、黒人女性だった。次の策はこの人が主役の007を観てみたいと思った。

f:id:F-Katagiri:20211020125807j:plain

秋の空は何の比喩か?(かわら亭)

f:id:F-Katagiri:20210929145409j:plain
こんなタイトルでもサウナの記事です。

かわら亭の外の水風呂も、10月下旬までということで、それまで満喫しようと思って行ってきた。この夏ぐらいから、露天風呂にある庭にベンチが設置され、そこで横になることができ、いい天気だったので、秋の空を眺めてきた。

仰向けになり、目をつぶって風を感じ、目を開けるとさっきの空とは違うものになっている。いい風だったので、上空の雲の形が違ったものになっていたのだ。

「○○心と秋の空」というけれど、秋の空は夏に比べて変わりやすい、ということなのだが、新潟の冬に比べたらそれほど変わるわけではないよなぁと思いながら、ぼーっと見つめていた。「男心と……」と「女心と……」では、「秋の空」比喩の使われ方がちょっと違うようだ。
allabout.co.jp

「男心と……」の場合は、「いろんな女性を好きになる」という意味で使われ始めたらしい。いわゆる「移り気」というわけだ。これだったら、「秋の空」が、雨だったり、晴れたり、曇ったりと目まぐるしく変わるという意味の比喩で使われていることになる。

「女心と……」の場合は、喜怒哀楽、様々に変わるということなのだが、これは、私が今日見た「秋の空」、晴れているのだけれど、どんどん雲の形が変わって別の様相を見せている感じだ。今日は「女心」のような空を眺めてととのってきた。

サウナに行ってととのうと、悲しい気持ちになってくる。これはなんだ?と思っていた。テレビ東京の「サ道」(1シーズン)でも、原田泰造がととのっているときに涙を流していたシーンがあった。今日もちょっとそんな感じになった。

ネットで調べてみると、リラックスして、副交感神経が興奮し、涙が流れてくるというのだ。
www.j-cast.com
夕日を見ると悲しくなるというのと同じらしい。

それから、サウナや温泉に行くと、子どもたちの小さい頃の姿もセットで思い出す。

この感じは、「懐かしさ」や「悲しさ」や「愛おしさ」と同じようなものなんだと思う。

今日のととのい度→5 ☆☆☆☆☆

由宇子の天秤

f:id:F-Katagiri:20210925093710j:plain

www.youtube.com

凄いとしか言えない映画を観てきた。#町山智浩 さんに言わせると、今年観た中で最高の映画だそうだ。どうせ新潟じゃかけられていないだろうと思いながらも検索したら、イオンシネマ新潟西で上映されていた。びっくり。それでも、イオンシネマ新潟西は攻めるプログラムをするから、さもありなん。シネコンにしては、シネ・ウインドとか、高田世界館並の映画をかけてくれる。

驚いたことに、イオンシネマは55歳以上いつでも1,100円で観られる。え?いつから?歳を重ねて唯一得したことのような気がする。

フリーのドキュメンタリー作家、監督の主人公が高校生自殺事件を取り上げた番組制作に関わる中で、配給するテレビ局とのしがらみ、そのテレビ局と交渉するプロデューサーとの交渉、そして自分の家族が関わるできごとの事態収拾で、ドキュメンタリーの番組制作側、取材側、取材される側の気持ち(天秤=バランス)がどんどん揺れて行っている姿を描く。

その揺れは、説明する言葉やBGMで表されてはいず、ドキュメンタリータッチの映像として映画が描かれている。由宇子が映像を作る側(映画中の役)から、映像を撮られる側(この映画のカメラ)になっていることが、見事にこのカメラワークで表現されていた。

今まで観た映画で、森達也監督の「#FAKE」や、東海テレビの「#さよならテレビ」に通じるものがあった。全てきれい事じゃないんだ、映像制作している時点で、もう制作者の意図が入り込み、「事実そのまま」なんてあり得ないし、「事実」なんてどこにもないんだということを感じてしまう。

payforward.hatenadiary.com


設定が唐突すぎると感じる場面も無きにしも非ずだし、終わらせ方はあんまり納得できるものじゃないけれど、久しぶりにこの映画を誰かと語りたいと思うものだった。
#由宇子の天秤

リトル・フォレスト 夏・秋


www.youtube.com

2014年 日本 Amazon Prime Video視聴

なんだろう?と思ってたまたま観てみたが、とてもいい雰囲気の映画。東北の自然の中で暮らす1人の女性(橋本愛)が自分の食べるものを育て、採り、その食材をもとにとっても美味しそうなものを作って食べる映画。NHKのドキュメンタリー番組のような雰囲気。春夏秋冬1本ずつの映画だそうだが、夏編と秋編をセットで流している。

その中で主人公の後輩で主人公と同じ山間の小さな村、小森にUターンしてきた男が話す言葉が心に刺さった。

自分自身の体でさ、実際にやったことと、その中で感じたこと考えたこと、自分の責任で話せるのってそのぐらいだろ?

www.pintscope.comより。

この仕事をしていると、他人の言葉、他人の研究、他人の成果を集めなければ、やっていけないことがあるが、いかにも自分の言葉、自分の成果という口調になりがちだ。他人の言葉でありながら、自分の体で実際にやったこと、その中で感じたこととリンクできなければ、語っても伝わらないのだろう、と、ハッとしてしまった。

それにしてもいい映画だった。

雪かき仕事

「シリーズ・道徳を考える① 道徳ってなに? 内田樹著 こどもくらぶ編」を読んだ。ずいぶん前に手に入れていたんだけれど、いつでも読めると思って読んでいなかった。

今まで読んだどの道徳の教科書のエピソードより、納得できた。納得できたというか、「そういうことって日常的にあるよね」と思えて、それでいて「最善の答え」を出すのがとても難しいエピソードだった。哲学だった。
f:id:F-Katagiri:20210916095258j:plain
この本の中で「たいせつ」と書かれているのは、「雪かき仕事」だ。誰かがやらなければならない(やったほうがいい)お金をもらえない仕事を誰がやるか?(簡単な例では、廊下に落ちていたごみを拾って捨てること。)昔、冬はバスで通勤していた頃、横断歩道のところにスコップが1台設置してあって、「思いやりのひとかき運動」というのを見かけたことがある。待っているときに、ちょっとだけ雪をのけて、他の人が歩きやすいようにしよう、というもの。それを「○○運動」じゃなくてもするっていうこと。

社会ではそれを誰かがやっているのだが、それをやってもその人には「得」にはならない。お金がもらえるわけでもない。でも、それを見つけてそれをやるかどうかは、その人にかかっている。「得」にならないから誰もやらなかったら、社会はちょっと生きにくくなる。「得」だけを考えて、「得」になると思えることしかやらないんだったらちょっとぎすぎすしてくる。

「得」にならない、むしろ「持ち出し」が多いことをやれるかどうかだし、やらないからといって非難されるのはおかしい。やったからといって賞賛されないかもしれない。そんな「雪かき仕事」で社会は回っている。ということが主として書かれていた。

とても大きい例として、タイタニック号の沈没が挙げられていた。そこで救命ボートに乗らず、他の人に譲って死んだ人、この人は「この人を助けることは自分の得になるから」なんて一切考えていない(むしろ「損」である)が、そういう行動が取れる。どうしてそういう行動が取れたんだろう?という投げかけがある。

物事を「得」、「損」だけで捉える人ばかりでは社会は回っていかないという話。ランキング上位を目指す人だけではなく、雪かき仕事ができる人も育てる必要がある。

フリー・ガイ

f:id:F-Katagiri:20210904095836j:plain
2021年 アメリカ 20世紀スタジオ
J-MAXシアター

そうか、次の日に行けば、映画の日で割引だったのか、という8月最後の日、映画を観に行った。最近とんと映画を見ていなかったからなぁ。

ゲームのモブキャラ(NPC)がAIにより、人格を得て、それぞれの人生を歩もうと戦う話。戦うと言っても、主人公の「ガイ」は、いい人だから、キャラを殺さない。

今までゲームの中では何度も殺されていても、それが当たり前と何度も人生をやり直していたが、理想の女性と出会ったことをきっかけに、NPCとしての行動から外れたことを行うようになる。人はそれぞれがその人生の主人公という話。

映画のシーンではゲームの中の世界と現実世界が行ったり来たりするのだが、混乱することがないように上手に描かれていた。

夏の講座ラッシュが終了

f:id:F-Katagiri:20210828153705p:plain

学校現場の夏休みに合わせて毎年講座講師に呼ばれるのだが、大学に登録する出前講座(講師料無料)の条件をちょっと変えたので、今年はあまり呼ばれなくなった。そんな中でも講師として招へいしてくれたものや、自分から開いた講座が合計で5つあり、本日終了した。

アカデミックインターンシップ(於:本学 7月28日(水))

新潟県教育委員会主催の、高校生対象大学等講義体験。本当は大学の先にある社会の課題を意識してもらおうという目的のようだが、私はゼミ生と「デジタルシチズンシップ」をテーマに行った。参加者3名。
payforward.hatenadiary.com
当初はそれぞれのデジタル上の情報発信をどう受けとるかを考察しようと10名以上の講座を想定していて、開講しないことも考えたのだが、せっかくこんなマイナーなテーマを選んでくれらのだから、ということで開講した。開講してよかった。高校生の屈託のない生の意見を聞くことのなんと貴重なことよ。そうか、こういう講座には、こんな意味があったのか。

高校生とのディスカッションは面白い。

新潟県私学中学校高等学校教育研修会(於:ナスパニューオータニ 8月17日(火)〜18日(水))

今春に依頼があり、高校国語の先生方に対して、ICT活用授業や、新教育課程、協同学習などについての実践発表へのコメントをしてくれという話だったので、引き受けた。その後、70分程度のテーマに関する講演もしてくれと追加注文があり、引き受けた。

講演の依頼があると、それに関していろいろ調べるので、自分の研究になる。ICT活用授業は知識定着に効果があるという研究はあるのだが、「どうして」効果があるのかの実証的データがほとんどないことを知ったり、ICT活用授業のどの要素が効果に影響しているのか?ということもあまりいわれていないので、自分で本を読みあさってリストアップしたりした。

初日の私の講演は午後からなのだが、午前中から呼ばれて、何があるのかな?と思ったら、お昼も出してくれたり、全体講演を聴いたりすることができた。午後の講演では、上記の私がまとめたことを話したり、iPadも持ち込んで、ICT導入による国語科授業デザインを体験してもらえた。これは、アカデミックインターンシップで行った「デジタル上の情報発信をどう受けとるか」を体験してもらうプログラムを流用できた。各講座は繋がっているんだと思った。(二番煎じ?)

2日目は、3名の先生が、ご自分の授業実践を発表してくれた。「ICT導入」が先行事項にあり、どのように奮闘して効果的な実践に持っていったかを熱く語ってくれた。どの先生も御自身の受け持った生徒たちの反応を笑顔で語ってくれて、「こんなに素晴らしいでしょう?」と自慢しているようでもあり、それこそがこの研修会の大きな意味なんだと思った。発表はどんどん伸び、私は10分間で3つの実践報告にコメントをしなければならなかった。

去年は中止だったようだが、毎年開催し、全国大会もあると言うことを始めて知り、新潟の私学はこの湯沢で毎夏熱い研修が繰り広げられているのかと驚いた。

ナスパニューオータニの風呂とサウナは最高だった。
payforward.hatenadiary.com

新潟県直江津中等教育学校 大学講義体験講座 群読(於:レインボーセンター 8月20日(金))

初めは「出前講座」としてアポを取ってきてくれたのだが、その計画があまりにも長時間であるので、ちょっと引き受けかねると返答したら、「出前講座」ではなく、講演依頼として依頼してきてくれた。

午前2時間、午後2時間の入れ替え制群読講座は、かなりの体力を消耗した。最近の私の群読講座は「俳句ラップ群読」だ。

俳句の群読を作るのだが、これを作るのに俳句の表現そのものではなく、その俳句に表現されている背景や思いを考え、しかもそれを「ライム(韻)」に合わせて作るというかなり高度なのだが、表現してぴったりはまるとめちゃくちゃ気持ちいい群読となる。これが高校生たちにぴったりはまる。

ラップは知っているが、ラップを口にしたこともないし、作ったこともないという高校生がほとんど(私もそう)だが、こういう機会で作ってみると熱中してしまうらしい。俳句ラップ群読は、この講座の終盤部に設定するのだが、私が作ったラップビートをスピーカーでずーっとかけていると、どんどん頭の中がラップ脳になっていくことが分かる。

それでも、こういう授業って、こういう講座でしかできないんだろうな。普通の高校の授業じゃ無理なのかな?でも導入して欲しいな、と、切に思う。「ライム(韻)」を意識した国語の授業って、皆無だ。漢詩で韻のルールを覚えるだけで、それを体感することもない。ましてや自分で韻をつくり出すことなんてしない。表現無くして何が理解だ!と訴えたい。

参加した生徒さん達にGoogleフォームで答えてもらったアンケートだが、ラップをやってみて楽しかったというのと、ビートに合わせて声を発するというのが、予想以上に好評だった。

長野県教育委員会上越教育大学教職大学院との連携講座(長野講座) (オンライン 8月26日(木))

当初は長野県総合教育センターで行う予定だったのだが、約3週間前に長野県では対面の研修会が禁止となり、オンラインで行うこととなった。

演習で、グループワークを考えていたのだが、どうやればそれが実現するか?と担当のセンター職員と相談していたら、GoogleClassRoomが使えるので、それぞれにアカウントを割り振り、Zoomで行えるということだった。GoogleClassRoomを使えるのは、ありがたいと思い、今までテキストベースで作っていた内容をGoogleClassRoomのクラス内に作って行った。

先に示した「デジタル上の情報発信をどう受けとるか」のプログラムをもとに、その活動で「対話」はどのように起こっているのか?を考えてもらうのをテーマとした。「会話」と「対話」は違う、話し合わせれば「対話的学び」ができるわけじゃないということを分かってもらいたかった。

しかしトラブル大発生。全員Zoomには入れているのだが、GoogleClassRoomに入ることができない。教委配布の端末によって、アカウントを受け付けないものがあるということが分かった。GoogleClassRoomに入らせることで、Zoom内世界はその対応に追われて、もう既に正常にアクセスできている人を置いてきぼりにしてしまう。大反省である。

Zoomにヘルプのためのブレイクアウトルームを作り、その人をそこに移動させて、そこだけでアクセス方法の指示を取ればよかったと、担当のセンター職員と後になって反省をした。

そしてそんなことで時間が経過してしまったので、メインイベントである、「各自が対話的デジタル授業デザインを作る」は、話し合いだけで終わり、実際それをみんなに体験してもらうことはできなかった。対面だったら、Chromebookが用意されていて、絶対にそんなトラブルはなかったんだよなぁと、後悔先に立たず。

しかし、これからリモート研修が続くのかもしれない。こういう経験を次に活かそうと、担当職員のT先生と傷をなめ合った。

静岡県立F高等学校職員(有志)研修会(合同ゼミ)(オンライン 8月27日(金))

当初の予定は静岡から上越教育大学にいらしてもらって、うちのゼミとの合同ゼミを行う予定だったのだが、オリンピック後、急速にコロナ禍がひどくなったので、やむなく中止とし、オンライン研修とした。

うちのゼミからはNissyが来週から行うデジタルシチズンシップ授業デザインをF高校の先生に見てもらい、現場の高校生は実際にその課題をどう捉えるか?というアドバイスをいただいた。ほぼ初対面なのだが、どんどん意見をいただき、本当にありがたかった。授業経験がまだまだ少ないNissyには、有益な情報ばかりだったと思う。「その言葉の使い方で高校生はどうイメージをするか?」とか、「1時間でおこなおうと思っているその2つの課題は、各1時間使ってやるべきだ」とか、Nissyにとって、机上では想定できなかったアドバイスをいただき、月曜日の授業実践に活かしてくれただろう。

F高校からは、来年度から始まる新教育課程で変わる評価の仕方の話題を提供してもらった。高校でも観点別評価をしなければならない。今、ほとんどの高校では、指導要録では5段階の数値による評価がされ、各学期ごとは100段階の数値による評価がされている。それを来年度から観点別に評価(A〜C)をし、それをもとに各教科で評価をすることになった。

って、これって、義務では今までも普通にやっていたことじゃないの?というツッコミを入れたいのだが、高校でこんなことが導入されるということは、「高校のこれまでの評価の仕方はダメだよ」というメッセージだ。F高校では、毎学期評価に関する研修会を開き、「知識・技能」、「関心・理解・表現」、「主体性」とは何か、それぞれの関係などを考えてきたということだ。きっとそんな学校は稀なんだと思う。

ほとんどの高校ではきっとそういう解釈は「とりあえず」放っておかれ、ペーパーテストで行っているものを、どのようにその3つに割り振るか?としか考えていないんだろうと容易に想像できる。いやいや、ペーパーテストでは、「主体性」なんて評価できないよ、というツッコミは無視されるんだろう。ペーパーテストだけで評価をしているから、この改革になったんじゃないの?

なんていう話をあーだ、こーだやりとりして、あっという間に時間が来てしまった。

Zoomでも、こんな楽しい会ができる。実際に来てくれたら、飲み会は盛り上がっただろうな、と、とても残念だった。今後定期的にこんな会を開こうという話になった。

上越教育大学附属中学校わくわく大学デー(於:上越教育大学 8月30日(月))

コロナ禍で実施が危ぶまれたが、対面で実施できることになった。5年前に群読講座を行ったのだが、今回は、最近の研究対象「デジタルシチズンシップをどう身に付けるか」だ

午前、午後の講座各5名の中学生がこの講座を選んでくれた。こんなマイナーなわかりにくい講座を選んでくれるのは、きっと聡明なお子さんたちなのだろう、との期待で実施した。

「デジタルシチズンシップとは」のレクチャー後、いつもの「どんな情報を信じるのか?」ワークショップを行う。各講座4名という少人数だったので、私が作ったあおり記事、以前の講座で「いいね」が多く付いた記事をそれぞれ1つずつ加え、1記事につき4投稿で「いいね」を付けさせた。

1つの講座では、私のあおり記事に「いいね」が集まった。他では、受講者の記事に「いいね」が付いた。「いいね」を付けた意図と投稿の意図をそれぞれ話してもらって、「意図」を互いに感じてもらった。この演習と「デジタルシチズンシップ」を結びつけるものがちょっと弱いなぁと、まだまだ修正が必要だと感じた。

最後のディスカッションでは、「恐いもの・こと」の話題にし、どうして「恐い」のか?それは、その存在を「信じているから」というように導き、なぜ、「無いといわれているのにその存在を信じているのか?」という話題に持っていったのだが、結構難しかったようで、話題がつまってしまった。

「自分の思いは存在する」から「私は存在する」という人間存在の話題になったり、学者が調査している教科書内容より、行政が集計したデータの方が信じられるという話題も出たりして、結構ディープな時間帯もあった。中学生ながら歯ごたえのあるディスカッションだった。

しかし、パッケージとしてのこのプログラムは、改善の余地がまだまだあると反省した。