Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

高等学校クラスづくり講演会


文化学園長野高等学校の1学年担任団主催のクラスづくり講演会に呼ばれた。

県外で泊まりでの出張は本当に久しぶりだった。昨年の長野講座で泊まり予定だったが、急遽オンラインになってしまったので、2年ぶりくらいだったかもしれない。

教職大学院修了生のK先生との繋がりで、M先生と繋がるようになり、コロナ前には、ゼミ生と高校に訪問したり、私の大学院授業(国語授業づくり)にオンラインで毎回参加してくれたり、昨年はM先生が若手2名を連れて私の学部授業に参加し、学部生がおこなった模擬授業に参加してくれた。

私の高校クラスづくり本を読んでくれて、今年から担任を始めた先生方が実践してくれていた。その縁もありクラスづくりについて話してほしいという依頼を受けた。修了生のK先生からの縁がこのように広がった。不思議なものだ。

私の本には学級担任の仕事のノウハウ的なことが主に書かれているので、そのバックグラウンドにある考え方や見方・考え方を話の柱に据えた。

  • 学校は子どもを親や労働搾取から守るためにできたということ
  • 教育の最優先順位は、「命を守る」ということ
  • 子どもは言うことをきかないのが当たり前ということ
  • レジリエンスや自己肯定感を育むには、「クラスの仕事」を全うさせるのが良いということ
  • 失敗に寛容で失敗から学ぶ環境を作ること
  • 教師には意図しない予想以上の影響力があるということ
  • 教師の力はかなり限定的だということ
  • 他人に頼る力が担任には必要ということ

そんなことを話しながら、最近特に感じている「学校を格付け機関にしてはいけない」ということも伝えた。

皆さん自分の環境に置きかえて聴いてくれたようだ。これからの教育を担って行く若い教師に何かしら伝わったら幸いだ。

でも、学級担任が終わって10年あまり、高校教師を辞めて7年あまり、現場感覚が薄れてきていて、そんな私の話が伝わるかどうか不安なのだが、「学校の固定観念」は強固で、10年そこらでは変動していないところもあるようだから、私の話の何かが響いてくれるところもあったようだ。

ただ、本に書いた「自在箒の使い方」は、レガシーと化しているところがあるようだ。コロナで雑巾がけも無くなっているとも聞く。そのうち掃除機使って掃除するようになるんだろうなぁ。(え?ロボット掃除機つかっている学校もある?)

長野駅周辺は、「もうコロナ無くなったの?」と思うほどの人出で、いったい何が起こっているの?と思ったら、善光寺の御開帳の時期で、観光客が集まっていたそうだ。外国人観光客らしき人もたくさんいた。いやぁ、街にあんなに人がいる風景、本当に久しぶりに見た。

教育の現代的課題キーワードまとめ

今まで書いた記事を「教育の現代的課題キーワード」としてまとめた。きっと、これから教員採用試験を受ける人には役立つと思う。しかし、私が調査してまとめた考え(記事)なので、偏りはある程度あると思う。内容は鵜呑みにしないで、対話のきっかけとしてほしい。

主体的・対話的で深い学び

payforward.hatenadiary.com

教科の見方・考え方

payforward.hatenadiary.com

ペーパーテストの限界

payforward.hatenadiary.com

主体的・対話的で深い学び まとめ

「主体的・対話的で深い学び」まとめ

主体的・対話的で深い学び

主体的学びとは

payforward.hatenadiary.com

「主体的学び」のとらえ方の違い

payforward.hatenadiary.com

「主体的学び」授業実践例(高等学校国語古典)

payforward.hatenadiary.com

究極の「主体的学び」朝の読書

payforward.hatenadiary.com

「主体的学び」の生起のさせ方

payforward.hatenadiary.com

対話的学びとは

「主体」と「対話」の関係

payforward.hatenadiary.com

「主体的学び」、「対話的学び」、「深い学び」の相互関係

payforward.hatenadiary.com

「主体的・対話的で深い学び」は外見からは分からない

payforward.hatenadiary.com

主体的・対話的で深い学びの課題設定とは

payforward.hatenadiary.com

主体的・対話的で深い学びと授業形態

教科の見方・考え方

社会科(地歴科・公民科)

payforward.hatenadiary.com

流浪の月


2022年 日本 ユナイテッドシネマ新潟視聴

広瀬すずを観に行った。期待以上だった。
広瀬すずは、綺麗な顔だちで、美少女キャラをずっと演じていた印象だったが、「流浪の月」ではかなりの汚れ役を演じていて、やっぱりそういう役も演じられるんだな、と、益々好きになった。

今まで、様々な映画やドラマでは、元気で、綺麗で、魅力的な役どころばかりだった。朝ドラ「なつぞら」では、それを前面に押し出した演出で、「そんな人どこにもいないでしょ?」と感じてしまっていたのだが、人間のドロドロしたところも綺麗に演じている。暴行を受けて鼻血まみれで長野県松本市街を裸足で歩く、なんて役どころ、今までなかったはず。

広瀬すずは、「海街diary」で知ったのだが、「海街diary」では、若かったせいか、暗い、もの静かな役どころを演じていて、印象深かった。そんな感じ。

熱烈な広瀬すずファンはこの映画を見て悲しむシーンもあるかもしれないけれど、役者として、どんどん上手くなって、いろんな役も演じていくんだろうな、と、期待してしまう。

ロケ地も松本市ということで、旅行で行ったことがある街並みが背景で、それもよかった。ただ、いつも思うのだけれど、「本当にそんなあからさまなイヤな人いるの?」という役があって、ちょっとげんなりしてしまった。松坂桃李の店に落書きが書かれ、その前で茫然としている松坂桃李を動画で写す自転車に乗った中学生とか。松本市民にはそんなあからさまなイヤな人はいないと思われる。ああいう演出、どんな映画でもテレビドラマでも、マンガでもあるんだけれど、本当にいるの?と、いつも思ってしまう。

ペーパーテストの限界


学部3年生が卒論テーマの一部として、「ペーパーテストの限界」を調べている。

ペーパーテストでは、学力のうち、何が測れて、何が測れないのか?ということだ。しかし、世には学校で身に付けさせる力は、ペーパーテストで測れる力のみと考えている教員もいる。ペーパーテストで測れない力を伸ばす労力を削る、もしくは「他に任せる」と豪語している管理職も現実にいる。

問題なのは、〔学校の成績=ペーパーテストで得た得点〕と思っている学習者、教員だ。そこで、ペーパーテストでは、何が測れて何が測れないかを明らかにする必要がある。以下の記述は、学部3年生ゼミ内での対話によって今現在確認したことをまとめている。

学力の三要素

学校教育法第30条第2項が定める学校教育において重視すべき三要素では、

  • 知識・技能
  • 思考力・判断力・表現力等
  • 主体的に学習に取り組む態度

と定められている。その中で、「主体的に学習に取り組み態度」は、ペーパーテストで測るのは難しいというのは何となく思えてしまう。しかし実際、ペーパーテストの結果が良いということは、「主体的に取り組んでいたのだろう」と推測している人もいる。

「知識・技能」は測れるのか?

「覚えた知識」は、文字として紙上に記載できる。だからきっと測れるのだろうと思われる。しかし、言語以外の知識は、紙上に再現することはできない。例えば図形や絵や動きとして記憶されているものだ。ある程度は再現できるものはあるが、動きは不可能だろう。

また、「技能」はどうか?言語の「技能」だったら、紙上への再現性は高いだろう。国語だったら「日本語として通じる文章を書く」とか、「○字以内で表現する」とすると、技能を使わなければならない。しかし、理科の実験の技能は、適切な実験の方法を紙上に再現しても、実際に実験でそれが出来るかどうかは不明だ。理科のテストを確認したが、「実験時の知識」しか問うていなかった。

「技能」は、部分的に測れるのではないか?ということを確認した。

「知識」とは、「検索力」?

記憶の奥底に沈んだまま表層に出てこないものは「知識」と言えるのだろうか?

ペーパーテストでは、時間内に覚えたはずの知識を引き出さなければならない。これができないと点数を取れない。テストが終わってから思い出すなんてことは良くあったことだ。だから、覚えていても表層に出てこないと「知識」とは言えなくなる。つまり、「知識」よりも「検索力」が必要になる。

しかし、検索力は、インターネットが発達した今、人間の力によるものはほぼ必要無くなり、インターネットに頼れば良くなる。そして、知識もクラウド上にあるものの方が人間の脳内より膨大だ。攻殻機動隊のように、人間の能力としてクラウド内を検索できれば、それに置き換わる気がするが、スマホを使っての検索はNGで、能力としてだったらOKというのは、どうしてだろう?

人間はペン等を使わないと紙上に字は書けないのに、ペンという道具はOKでスマホという道具はNGという根拠はなんだろう?

覚えたパターンに当てはめるのは、「思考力」、「判断力」か?

例えば、数学の問題を解く場合は、「思考力」、「判断力」を測っていると言えるかもしれないけれど、果たしてそうだろうか?

数学の問題を解く場合、今までの学習で習った公式を問題に出された数字に当てはめて解いていくことが多い。これは、「思考力」と言えるのだろうか?思考しているのだろうか?知識としてある「公式」を目の前の問いに当てはめているだけじゃないだろうかか?検索しているとも言える。

特に定期テストの場合、授業で学んだことが出るのだから、学んだことを問いに当てはめていくことがおこなわれていくことが多い。

今まで学んだことがない、出会ったことがない問題を解いている場合は、思考力、判断力は働いていると思われるが、定期テスト、入試問題では、ほとんどの場合ないといっていいだろう。

「表現力」は測れそう?

言葉による表現力限定だが、これは測れると言っていいだろう。ただし、文字言語の表現力だけで、音声言語の表現力は不可能なのは当然だ。

ペーパーテストで求められる力

ペーパーテストを解く際にどんな力が使われているのかを考え、それって、社会で生きていく上で、どんな風に役立つのだろう?を対話してみた。

制限時間内に「正解」を引き出す力

5分とか、40分とか、90分とか、決められたかなり短い時間内集中して解答をしなければならない。これらはそれなりに力が必要だというのは当然なのだが、果たして生きていく上で、こういう場面ってあっただろうか?

もちろん働く上で試験をパスするという機会はある。そこには必要な力だし、それを上げれば試験の点数は良くなる。しかし、それ以外に使える力なのか?というと、そうでもない気がする。

生きていく上で「期限」はあるが、それは○日や○カ月ぐらいの単位だ。その中で、仕事や生活をやりくりして、時間を生み出し、それに当たっていく。○日間集中してそれ以外取り組まなくていいなんていうことはあり得ない。時間を与えられ、テスト問題を解く以外は何もしない環境なんて、試験以外、社会の中であり得ないと言っていい。学校を卒業したら、試験を受けずに生きていく人なんてたくさんいる。

ペーパーテストを解く場というのは、かなり特殊な環境と言ってもいいだろう。クイズ大会はそれに近いとも思う。日本人がクイズ番組大好きなのは、学校で培った力を発散したいからなのか?

誰かが作った「正解」を当てる力

ペーパーテストには、必ず「正解」がある。そしてその正解は誰かが作ったものだ。世の中の真理を見つけているわけではない。科学や数学の「正解」も、とりあえず今の段階で妥当だと思われている考えを「正解」としているにすぎない。学問研究のレベルになったら、誰かが作った「正解」を当てる力なんて何の役にも立たない。誰かが作った正解の矛盾を考える力を付けなければならない。

大学入試共通テストに代表されるような選択肢の問題を解く力なんて、生きていく上で全く役に立たない。人生のうち、いくつか選択肢があって、1つだけが「完全正解」なんてあり得ないからだ。生きていく上で、Aの道をたどるか、Bの道をたどるか、のような選択の場面はたくさんあるが、どちらかが必ず正解ということはあり得ない。

むしろ、どっちも間違いということもある。

または、Aを選んだ場合、そのAという選択肢を「正解」に自分の力で近づけていくということがとても大切だ。自分で「正解」にする力の方が生きていく上で役に立つ。

最適解や納得解を考えるテスト

ペーパーテストでは、主に唯一解を当てる作業になるのだが、思考力や判断力を測るのであれば、最適解や納得解を答えるものにするべきだろう。

例えば、

「李徴は本当は妻子のことなんて全く気にしていない。」とした場合、その理由を論ぜよ。

というような、出題者も正解が分からない問題だ。正解は分からない(「正解」がないから分からない)が、論述の妥当性は測れる。それで評価することは可能だ。ちょっと難しいけれど。

生きていく上で、黒を白にする、白を黒にする。失敗を糧にする、成功体験で物事を測らない、というような力がとても大切だと思う。

終わりに -「思考力」とは-

「思考力」とはどこからどこまでを指すのか?はまだ明らかにしていない。知識を呼び起こすのも「思考力」だ、とすれば、「思考力」は簡単に測れることになるが、きっと違うのだろう。ぼんやりといろんな思いを巡らせていても「思考」だと言っていいのかどうか。ここの定義を明らかにする必要がある。

「実用的な文章」学級日誌


今日の大学院授業「中学校高等学校国語科授業づくり演習」では、今年度から始まった「現代の国語」の実用的な文章を取り上げ、みんなで「どんな課題を設定して授業をしたらいいのか?」と、考えた。その教科書には「実用的な文章」として学級日誌が例の1つとして挙げられていた。

学級日誌って、高校でしか使っていないということを知ってびっくり。そういえば、小・中では連絡帳みたいな感じで教師と児童・生徒はやりとりしている。だから学級日誌って、無かったのか?とも思ったが、そもそも学級日誌って何のためにあるのだろう?と考えた。

「日誌」という名称だけあって、記録のためにあるのだが、日々その授業の科目名や担当教師名、欠席者名などを書いて、それは「実用的」になっていたのだろうか?と思い返した。

※学級日誌の実用的な側面

  • 遅刻、早退などがあった場合、出席簿に表れない(選択授業など)部分での生徒の記録で確認する
  • 昨年の今頃、どんな連絡をしていたのか確認する

等が思い当たったが、それほど頻度は高くない。

私の場合、「交換日記」的な側面があったかもしれない。

生徒には、ある程度の量の記事を課していて、それに必ずコメントを付けていた。週番が日誌を書くことにしたのだが、その週番の生徒とのコミュニケーションに使っていたとも言える。今となっては、20年以上(写真上)、約8年(写真下)前の記事を見て、懐かしがるという意味しか無いのかもしれない。

本来は「日誌」なので、その日の連絡などを記入して、聞き漏らした人がそれを閲覧して確認するという側面もあっていいはずだが、朝膨大に伝えられる連絡を記入するのは難しい。日誌には全くそれらが書かれていないのは、考えてみれば、朝の連絡を伝えていたのは週番だったからかもしれない。

「現代の国語」での授業では、どのように扱えばいいのか?とアイディアを出し合ったが、

学級日誌をもっと実用的なものにするため、どんな記入欄を設ければいいのか、レイアウトをどうすればいいのか?

を考えるというものが挙がった。

または、

日誌というのは、その日あった出来事を記載するものだから、「記事」と「所見」の欄を分け、事実のみを記入する練習をするのも面白い。

とも挙がった。

各教科書会社、「実用的な文章」の取扱いには、迷走しているようだった。

こんな今だからこそ取り入れたい! 音声言語表現活動の実践と効果

eaco55.com
(一社)アナウンス発声協会主催オンラインセミナー講師を勤めた。

群読繋がりで、協会会員のKさんと知り合いで、依頼された。Kさんは、私が大学でおこなっている「音声言語表現活動研究会」にもオンラインで参加していただいていた。

アナウンス発声協会のメンバーは主にフリーアナウンサーの方々で、音声言語表現のプロである。そんな皆さんに私がどんなことを伝えられるのか?と思った。聞いてみると、子どもたちに対してアナウンス講座を開いたり、学校に入って読み聞かせをしたりと、子どもたちにたいしてレクチャーする機会が多いということだ。そこで、自分の経験を伝えられるのだが、その経験がどのような教育的意味を持っているのか、子どもたちの成長にどのように関わっているのかを知りたいということだった。そういうことだったらアナウンス技術が全くない私も話せる。

また、おこなう活動で、アナウンス練習、朗読練習だけではバリエーションが無くなってくるので、「群読」というものを知りたいということで、群読の紹介もふんだんにおこなった。2015年、私が高校教師を務めていた頃、放送部顧問として部員たちに「外郎売り」の群読を演じてもらったビデオもしれっと紹介してしまった。きっと講座参加者の皆さんは、喉がかれるほど練習した「外郎売り」だが、どんな反応をしてくれるのかな?と思っていたら、「外郎売り」の台詞、ところどころ新潟の地名や名産に変えて演じていた部分に温かく反応してもらえていて、満足だった。

Zoomでの講座だったので、互いの声を聴きながら発声がうまくできないというもどかしさがあったが、むしろ「対面で群読をおこなってみたい」という気持ちに皆さんなってくれたようで、「次回は実際に演じましょう」ということで締めくくった。

俳句ラップ群読もことのほか受けてくれた。

以下は、講座で使用したスライド
katagiri41.wixsite.com