Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教科教育・学級経営実践コース 片桐史裕のブログ

授業

I have a dream で英語の見方・考え方を学ぶ授業

I Have a Dream speech by Martin Luther King .Jr HD (subtitled) (remastered)今日は「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」という授業の最終日だった。最終日は岩折君が担当する英語の見方・考え方を学ぶ授業デザインを考え…

文化学園長野中学高等学校訪問

総合的な探究の時間でSDGsについて各グループで探究し、発表しているということだったので、文化学園長野中学高等学校を訪問した。発表してくれたのは現高校2年生の生徒たち。1年生の時におこなった探究を今回我々に特別に発表してくれた。私の木曜1限「…

味噌汁作りで理科の4領域を学習する

20200721「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」味噌汁作成 「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」では、味噌汁を作った。(院生の高橋さん担当) 理科と家庭科の目標 エネルギー 粒子 生命 地…

八村塁のディフェンスのすごさ

今日の「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」は、体育の授業だ。佐藤君がバスケットボールをずーっとやっていて、バスケットボールの授業となった。体育科の目標に 豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力を次の通り…

外国語の見方・考え方とは?

外国語の「見方・考え方」 そもそも英語を学ぶ必要性はあるのか? スマホ翻訳でいいのでは? 今までの英語教育の弊害 言語が変われば見方が変わる 授業で「○○を学ぶと利益が上がる」は逆効果ではないか? 英語の授業は英語でコミュニケーション取れるように…

「山月記」ラップ

今日の「中学校高等学校国語科授業づくり演習」は「山月記」ラップを作るという実践だ。うちのゼミの西岡君の今年のテーマ「ラップ」なのだが、国語でラップを取り入れたら、どんな効果があるのか、未知数ということで実践し、意見をもらう授業だ。ラップを…

読書指導

読書の効果とは? 学習指導要領では? 読書の価値とは? どんな読書指導がいいのか? 朝の読書 結論:全て曖昧に言っているから曖昧な指導しかできない 本日の「中学校高等学校国語科授業づくり演習」のテーマは「読書指導」だった。 読書の効果とは? 基本…

Zoom+対面授業 その2

今日の授業の私の目標は、Zoom参加メンバーと対面授業参加者の融合だ。簡単に言えば、Zoom参加者と対面参加者で対話的学びを仕組むのだが、結果的にはうまく言ったと思う。私は写真のとおりAirPodsを付けた。MacBookProにAirPodsを認識させればうまく行くと…

言葉への自覚〜言葉による見方・考え方〜

「自覚」って何? 「対象と言葉」の関係 「言葉と言葉」の関係 言語活動の目的とは? 日本全国で国語科を学ぶ意味 言葉のアンテナ 2020/05/19の「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」では、国語科についてみんなで考えた。高…

歴史を学ぶ意味

今日の「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」では、社会科の「見方・考え方」について対話した。 学習指導要領には? 社会科の特質に応じた「見方・考え方」とは? どうして人は歴史から学べないのか? ファミリーヒストリー…

三密を避けながら国語科授業で「主体的・対話的で深い学び」を実現するやりかたとは?

私の受け持っている教職大学院プロフェッショナル科目「中学校高等学校国語科授業づくり演習」で、昨年の履修者と今年履修予定者と、埼玉の高校国語の先生とzoomで繋いで討議を行った。現在本学は休講中なので、「annex(別館)」として開いてみた。新潟県内…

第1回教科の見方・考え方を身に付ける授業デザイン研究会

鈴木庸介先生と高校の授業についての改革を考えよう!と意気投合したのは、2年前の夏だった。新潟市で集まって飲んだときに「高校部会」を立ち上げよう!と意気投合した。それから時間が経ってようやく第1回の会合を持つことができた。私が会の名前を考え…

学部2年生授業「教育実践基礎論」最終回での話

昨日は私が学部で持っている唯一の授業の最終回だった。受講生の半期の授業を受けた後で学んだことのスピーチだったが、人数が多く、最後に私がコメントする時間がなかったので、GoogleClassRoomに以下の文章をアップした。 昨日はスピーチご苦労さまでした…

群読が表現できるもの

「群読」活動を高校国語教師時代から始め、もう20年ほど続けている。国語の授業で、手軽に「表現活動」ができないかと思っていたときに出会ったのが「群読」であった。声を合わせて出すだけで表現活動ができる。これは、スピーチや、作文や、ディベートとは…

高等学校訪問

在学中の院生さんを連れて、新潟工業高等学校と新潟中央高等学校を訪問してきた。参加した院生のストレート生はみんな高校教員志望だし、現職の方は現役高校教員だ。かねてから主張してきたが、教員になる方のほとんどは、専門高校を知らない。特に小学校、…