Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教科教育・学級経営実践コース 片桐史裕のブログ

学び合い

第1回子どもに学ぶ教師の会 静岡

今年も静岡に来られた。上教大院1年後輩(同年齢)のYさんが、満を持して会を開くというので、駆け付けた。今回は、接続がとてもよかったので、約3時間で着いた。上越新幹線は、途中大宮しか止まらないものだったし、今回はちょうどいい東海道新幹線がな…

第1回子どもに学ぶ教師の会 静岡

今年も静岡に来られた。上教大院1年後輩(同年齢)のYさんが、満を持して会を開くというので、駆け付けた。今回は、接続がとてもよかったので、約3時間で着いた。上越新幹線は、途中大宮しか止まらないものだったし、今回はちょうどいい東海道新幹線がな…

阿智村立浪合小学校

今年の修了生H君のクラスを視察にいった。H君は大学院時代からも気の利く,配慮のある院生さんだったが,仕事をし始めてそれにたくましさが加わったような気がした。3人しかいない1年生の担任をしていて,少人数ならではの問題点に対して奮闘していると…

授業課題の「必要性」について

授業課題に関して,「その課題って面白いの?」とか,「その課題って役に立つの?」ということをいつも気にする。面白ければ学習者は乗ってくる。役に立つと思えば,面白くなくても学習者は取り組む。「役に立つ」といってもレベルがある。「自分が将来大人…

静岡県立駿河総合高等学校視察

学び合いを実践されている鈴木先生との繋がりもあり,また,8月25日に参加した商業教育研究会で発表された,駿河総合高等学校の先生の課題研究の取り組みがとてもすばらしかったので,是非とも視察に訪れたいと思っていた。 1限目鈴木先生の現代社会の授業…

教師の仕事

「班学習をやっている」とか、「関わり合いの授業をやっている」なんてことを高校教師の前で発表すると必ず出てくるのが「やるきのないこどもがいたらどうするんですか?」、「関わらない子供がいたらどうするんですか?」という質問だ。しかし、『学び合い…

「指導不足教員」の授業

13日付新聞に2006年度指導不足教員が全国で450人となったという記事があった。数名の例が載っていた 自分のペースで一方的に授業を進行し、教え込もうとする。 目の前にいる子どもの気持ちをくみ取れず一方的な授業をしてしまう 1人の子どもにかかりきりで他…

朝の読書と『学び合い』

以前から朝の読書と『学び合い』は通じるところがあると思っていた。なぜだろう? と考えていた。朝の読書は『学び合い』の文化のもと行われる「方法」というとらえでいたが、どうも違う気がしていた。考えてみれば「朝の読書」というネーミングで表している…

『学び合い』のとらえ方

いっとき朝の読書が脚光を浴びた。(もちろん今も地道に続いている。)提唱者は「4原則*1を守れば誰にでも簡単にできる。」と言っていた。しかし、「だれにでも」「簡単に」はできない。なぜならこの4原則の裏にはどういう理念があるのか、またその理念に…

八幡小学校校内研修

昨日八幡小学校の校内研修に参加させてもらった。懇親会(実は、学校の暑気払いの会)にも参加させてもらった。初対面なのに、学校の飲み会に参加させてもらい、しかも楽しく話して過ごせる学校って、とてつもない集団だと思った。中でも、お若い先生を交え…

明日は八幡小学校

研修会と弁当と懇親会の申し込みを住ませました。7:40の新幹線に乗って行きます。楽しみ楽しみ。上教大から院生の皆さんもいらっしゃるということで、時間があればフォーラムのことも話せたらと思います。

研修会行こうかな?

群馬の八幡小学校で研修会がある。うちの学校はそうそうに夏休みに入るので、7/25は空いている。保護者面談期間だが、今のうちから予定しておけば大丈夫だろう。『学び合い』の八幡小学校である。どんな授業をしているかか?というよりも、どんな職員の雰囲…

どうでもいいですよ~

どうでもいいことに対して、本気で怒ったり、怒らなければならないときに、どうでもよくしたり……。ずいぶん昔はそうしてきたが、『学び合い』を理解するようになると、そういうことが少なくなる。昔は無駄なエネルギーを使っていたなぁと思う。「ここはゆず…

文化の違い

今年初めて持ったクラスと昨年度から持っている(正確に言うと、昨年度から持っている生徒が数名いる)クラス。大きく違う。学ぶ姿勢が違う。4月から同じようなスタンスで接していても、全く違う。昨年度から持っているクラスは『学び合い』ができているク…

子どもを見る

先日私の授業で携帯電話をいじっている生徒がいたので、没収した。(私の学校は携帯電話使用禁止。)携帯電話は生徒指導へ行き、没収された生徒は反省文を提出し、携帯電話を返してもらった。その反省文に以下のようなことが書かれてあった。 グループ学習の…

『学び合い』の素地

「なぜ勉強させるのか?」(諏訪哲二著・光文社新書)を読んでいる。『学び合い』については書かれていないが、子どもたちの学びが成立するには何が必要か?が書かれてある。ほとんど「下流志向」に書いてあることと同じ事であるが。それを読みながら気づい…

『学び合い』

授業が始まって約1ヶ月が経った。自分の現代文の授業で、子どもたちは『学び合い』をしているのだろうか?『学び合い』をしている部分もあり、していない部分もある。全体として学び合っているかというと、学び合ってはいない。1年生の時に受け持っていた…

「学ぶ」ということ

ちょっと前のNHK「プロフェッショナル」に、宮崎駿が出演した。そこで宮崎駿がこんなことを言った。 子どもにメッセージを込めて作品を作ったことはない。 「命を大切にしましょう」なんてことは、 「命を大切にしましょう」と紙に書いて見せればいいだけだ…

学びの奥義書加除修正コメントについて

西川先生が「学びの奥義書」をアップしております。これをどんどんよくするためにどうしたらよいか提案します。 「はてな」の「キーワード」にアップする。 様々な章の気づいたところをweb上で各自が加除訂正していく。 そうすればリアルタイムに改編できま…

ナンバーワンとオンリーワン

いっとき、「ナンバーワンよりもオンリーワン」という言葉が世に出回った。スマップの歌で世間に知られたのだが、もともとは槇原敬之、そしてそのおおもとは丸山浩路さんの講演である。丸山浩路さんの講演を聴いて、勤務校に講演に来てもらい、挙げ句の果て…

『学び合い』の有時間性2

先日NHKのニュース(全国ネット)で新潟県内の中学校の取り組みが紹介されていた。「勉強のしかた」を学校でマニュアルにして、生徒に配布しているそうだ。授業時間減に伴い、家庭学習時間が減っていくことへの危機感から、学校が作成したそうだ。その配布に…

『学び合い』の有時間性

教室内で『学び合い』が起こると、それぞれの子どもたちが何を学んでいるのかわからない。当たり前である。「学ぶ」ということは、学んでいる人によって全く内容が違う。同じ活動をしたとしても、学ぶ内容は人それぞれである。その「人それぞれ」の学びが有…

消費型と労働型

「消費型」とは、「無時間モデル」である。つまりお金を払えば商品はすぐ手にはいる。そこには時間のブランクはない。「もしかしたら手に入れられないかも……」という商品に対してお金を払うことはしない。今ではまだお金を払ってもいないのに、商品が届く場…

学ぶということ

昨日のほぼ日刊いとい新聞のエッセイ「おとなの小論文教室。(山田ズーニー著)」で、「学ぶ」ということが取り上げられていた。1~10の過程があって、1から順番に10まで教えていくと、10以上のものは受け取ってもらえないし、10も受け取ってもら…

『学び合い』をしかける

最近は共同で活動することをどんどんしかけている。平家物語を「グループ○読み」で行っている。「グループ○読み」とは、「。」が来たら次の人にどんどん代わって読んでいくものだが、「。」ごとではコマ切れになるので、平家物語ではある程度のまとまりごと…