Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

学び合い

第1回子どもに学ぶ教師の会 静岡

今年も静岡に来られた。上教大院1年後輩(同年齢)のYさんが、満を持して会を開くというので、駆け付けた。今回は、接続がとてもよかったので、約3時間で着いた。上越新幹線は、途中大宮しか止まらないものだったし、今回はちょうどいい東海道新幹線がな…

第1回子どもに学ぶ教師の会 静岡

今年も静岡に来られた。上教大院1年後輩(同年齢)のYさんが、満を持して会を開くというので、駆け付けた。今回は、接続がとてもよかったので、約3時間で着いた。上越新幹線は、途中大宮しか止まらないものだったし、今回はちょうどいい東海道新幹線がな…

阿智村立浪合小学校

今年の修了生H君のクラスを視察にいった。H君は大学院時代からも気の利く,配慮のある院生さんだったが,仕事をし始めてそれにたくましさが加わったような気がした。3人しかいない1年生の担任をしていて,少人数ならではの問題点に対して奮闘していると…

授業課題の「必要性」について

授業課題に関して,「その課題って面白いの?」とか,「その課題って役に立つの?」ということをいつも気にする。面白ければ学習者は乗ってくる。役に立つと思えば,面白くなくても学習者は取り組む。「役に立つ」といってもレベルがある。「自分が将来大人…

静岡県立駿河総合高等学校視察

学び合いを実践されている鈴木先生との繋がりもあり,また,8月25日に参加した商業教育研究会で発表された,駿河総合高等学校の先生の課題研究の取り組みがとてもすばらしかったので,是非とも視察に訪れたいと思っていた。 1限目鈴木先生の現代社会の授業…

子どもを信じるということ

昨日の記事に続き、私のことをふりかえろうと思う。十数年以上前、ある学校に転勤して、授業は全くうまくいかず、子どもたちは学ばず、なんだかどーしよーもないやるせなさを感じていた。そんな時に出会ったのは「朝の読書」だった。今となってはどうして出…

本当に信じているか?

『学び合い』ではまず子どもの力を信じることが大前提である。しかし、本当に信じているかどうかは、非常に重要なことである。私は以前は全く信じていなかった。教師が目を離せば、子どもは必ず怠け、教師が引っ張っていかなければ高みに登っていかないと思…

体育祭練習期間まっただ中

昨年は体育祭でうちのクラスはいろんなトラブルがあったが、今年は3年生で、軍団を引っ張っていく立場である。安心してみていられる。完全優勝を目指している。応援練習やら、パネル作成やら、競技練習が、各部署で自発的に活発におこなわれている。見てい…

反応の良さ!

先日、「羅生門」に入る前に、こんなことを語った。実は、そのクラスの担任が、他の先生に、「体育祭の選手と役員決めの時に、『オレはイヤだ』なんてことばっかり言って、全く決まらなかった。」ということをぼやいていたのを小耳に挟んだからだ。語った後…

「下流志向」を読む③すでにゲームは始まっている

高校教師という職につき、常に悩まされてきたのが「学ばない子どもをどう学ばせるか」というものだ。これは高校だけではなく、全ての校種での悩みの種だろう。この問題の一番の解決策は「あきらめる」というものだ。「学ばない本人が悪い」と理由をつけ、放…

「下流志向」を読む②「学び」とは?

内田樹著「下流志向」には「学び」について、以下のような記述がある。 よく知らない分野のことについて、誰が技芸にすぐれており、だれが自分をあやまたず目的地に連れて行ってくれるのかを決定しなくてはならない。でも、初心者はその定義からして、「目的…

授業参観日

埼玉から朝6時半の新幹線でid:tsmumuさんがやって来た。私の1,2限の授業を見に来てくれた。ついでなので、SHR(朝学活)も見ていただいた。SHRでは、子どもたちの元気の良さに圧倒されていました。1限は1年生、2限は3年生の授業だったのだが、…

またまた「学び合う国語」

今日は長男のサッカースクールだった。長男の1,2年生クラスが終わってクラブハウスで帰り支度をしていたら、昨年までスクールのクラスが同じだった子のお母さんが見慣れた本を読んでいた。なんと「学び合う国語」じゃないか。そのお母さんとはサッカーの…

『学び合い』へのアプローチ

私は採用から約15年間、様々な授業への取り組み方に触れて、いいものは吸収し、使えないものはやめていった。実践したものの中には、文学教材をパターン化するものもあったし、経済教育もあったし、マンガを授業に取り入れていくものもあった。国語の「話し…

「下流志向」を読む①学びの運動

「下流志向」(内田樹著・講談社)を再読しています。『学び合い』を考える上で重要な記述が以前一読したときにあった気がしたからです。子どもが母国語を修得する過程を例にとり、以下のように記述していた。 学びのプロセスに投じられた子どもは、すでに習…

信じ続ける・待ち続ける

授業がどうもうまく行かないときは、『学び合い』ブログを読んで、自分を元気づける。『学び合い』はぶれないことが重要だけれど、私なんて簡単にぶれてしまうので、同志のブログは心強い。かたや結果が出てうらやましいなーという記述もあるし、悩んでいて…

絶対に教えられないこと

3年現代文の授業では、「テキストにあたる」ということを目標におこなっている。文章を読み飛ばさずに、こだわって、何か著者のメッセージや思いを感じてほしいのだ。かといって、「著者のいいたいことはこれだ!」という1つの「正解」を探すのではなく、…

『学び合い』できるかどうか

一般的に、 一斉授業をしていて、授業がうまく行かないと、生徒や保護者や学校や環境や社会のせいにする。『学び合い』を志してうまく行かないと、自分の中に原因をさぐるようになってしまう。 という傾向が見られるのではないか?かくいう私も昔と今を比較…

日めくり作成

LHRで「あと何日で卒業?」というカウントダウン日めくりを作りました。RXさんのアドバイスで、子どもたちに作ってもらいました。私が用意したのはB5の用紙200枚と、ペンたくさんと、年間計画に「あと○にち」と書き加えたプリントでした。班に作成する…

クラスの目標

今年度のクラスの目標は 期待を上回る 責任を持つ にしました。ことあるごとに語ろうと思います。

『学び合い』の力

年度末にはいつも「この1年間で『生きるために役に立つ』と国語の授業から学んだこと」について書いてもらっています。下に紹介する作文は、4月最も気になった生徒です。私が声をかけても全く反応せず、まわりともあまり話をしない。1学期の成績は非常に…

今年度2度目の大激怒

追認指導中である。放課後になって、なかなかノートを持ってこなかったので、教室に行って様子を見ようと思った。そうしたらカードゲームをしていた。怒髪天を衝いてドカーン!怒鳴って教室から出てきた。追認勉強の生徒は「諦めていません。」なんて言って…

目標の設定について2

引き続いて目標の設定について追加です。取り組む課題について 5.正解が決まっている課題 6.結果に自由度のある課題 の2つに分けられる。5.は究極の結果としてみんなの課題が同じになることが求められる。課題の結果は教師は予測できるものである。6.は究極…

目標の設定について(『学び合い』のふりかえり4)

今年度は目標の設定、特に、国語の目標の設定について意識的に考えてみた。夏のフォーラムで、「国語は目標の設定が難しい。」と言われたからだ。ずーっと国語をやっている私にとっては、他の教科がわからないので、難しいとも何とも思わなかった。国語の目…

『学び合い』のふりかえり3

先日放課後、掃除が終わってからストーブの辺りにいてまわりの生徒をからかっていたら、他のクラスの生徒が来て、「先生、質問があるんですが……。」と課題が書いてあるノートを持ちながら言ってきた。それを聞いたうちのクラスの生徒(質問をした生徒と同じ…

クラス全員に成果を求めること(ふりかえり2)

ようやく私もクラス全員に成果を求める課題(クラス課題)も今年度から課した。それまでは、「必要だったら交流してもいいよ。」というスタンスだった。そして、年度の授業が終わるので、1年間のふりかえりを書いてもらっている。その中で、クラス課題につ…

今年度の『学び合い』のふりかえり1

1年生から2年生にかけてクラス替えをして、1年間が経った。新たなクラスになっての『学び合い』というのはなかなか大変である。しかも、週2時間という授業で、いかに早く『学び合い』文化をかが課題だった。でも、そんなことはすっかり忘れて、年度の終…

『学び合い』セミナーin群馬

懇親会に出て、帰ろうと思ったら、強風のため新幹線が大幅に遅れて、1時間10分遅れ。どうなっているんだー。駅の待合室で新幹線を待っています。とても楽しい会でした。『学び合い』を初めたばかりの初任者の報告は、『学び合い』をやろうと思って、なか…

行きますよ。群馬。

昨日申し込みをしました。いろんな人に会えそうで楽しみです。夏の宣伝もさせてもらえることになりました(チラシ配布)。

「学ぶ」ということ

3年生の学年末考査中である。ここ近年は最後の最後のテストの時に「国語の授業で『生きるために学んだ』と考えたこと」を書かせる。それを読んでいると、子どもの学びは多種多様だなと毎年思う。こちらで全く意図していないこと、または意図したこと以上に…