Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

止められるか、俺たちを 2018


高田世界館視聴。

地獄でなぜ悪い」や,「カメラを止めるな!」,「桐島、部活やめるってよ」など,映画作成現場(「カメ止め」はテレビ番組か)の映画が好きだし,門脇麦が主演ということで観に行った。

2012年に死去した若松孝二監督の映画作成の情熱を描いた映画だが,にわか映画ファン私としては,若松孝二監督の映画は見たことがなかったので,あまりピンと来なかった。70年〜80年にかけての汗臭い,泥臭い,たばこ臭い時代の日本映画をほぼ見ることなく,角川映画ばかり見ている高校生時代だった。そもそも若松孝二監督作品をかける映画館なんて,新潟にはなかったような気もする。

その時代のあの雰囲気というと,松田優作主演の「探偵物語(TV版)」を楽しみに見ていた思いでもある。

門脇麦が主演なのだが,退廃的な,刹那的な,映画に携わりたく,映画監督になって映画を撮りたいのだけれど,どんな映画を撮りたいのかがわからない,そんな助監督をうまく演じていた。門脇麦は,かなり影がある人を演じるのがとても上手い。

NHK朝ドラ「まれ」で高校生役をしているときだって,影がありそうな演技だった。

事実だから,描いたんだろうけれど,妊娠して,退廃的になって,門脇麦が自殺するのだが,そこの描きが弱い気がした。え?なんで自殺?と思ってしまった。

ここを書くのであれば,若松孝二監督の死に至る経緯までも描く必要があるのでは?と思った。