Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

ぼくやってないのに

長男に次男が散らかしたものを片付けさせようとすると、「ぼくやってないのに」と言う。そういうときは「やってなくても片付けるの。」と言う。

《ボクがやったら片付ける》というのは、《ボクがやったこと》=《片付ける労力》という等価交換だ。ということは、

《ボクがやっていない(=0)》<《片付ける労力》ということになる。

しかし、《今までボクがやってもらったこと》>《片付ける労力》なんだから、片付けなければならない。

無償の労働というものが家庭内には無限にある。無限の労働の経験をしていけば、ニートにならずに済むのか?

いや、しかし、私はそれほど家庭内労働をしなかったぞ。悪い子どもだったなぁ。