Pay it Forwad,By Gones

上越教育大学 教職大学院 教授 片桐史裕のブログ

かわら亭

とうとう、外の水風呂が終わってしまった。12月上旬までの回数券が3枚余っているので、もったいないから行く。

しかし、幸いなことに、夜の時間帯は、空いていて、「水風呂渋滞」は起きなかった。ここの内水風呂は、大人2名が膝を抱えて入れるくらいの狭さで、外の水風呂が無いときには、渋滞を覚悟して行くのだが、今日は客も少なく、そしてマナーのよい客ばかりで、快適だった。

いっときサウナに4〜5人入っていたときがあったのだが、観察してみると、みんながみんなサウナの後水風呂に入るわけではない。火照った体をどうしているんだろう?と思う。そのままシャワーで汗を流すだけなのか、温泉に入るのか、水風呂に入らないでサウナに入ることは、理解に苦しむ。

気温は14℃で風もないのだが、外気浴はかなり冷えてしまう。ベンチがあれば少しはいいのだが、ここでの外気浴は、石の上に座るしかない。石がかなり冷たく、お尻や足が冷えてしまう。従ってととのいもしない。

こういう時は、完全に体を冷え切らせて、その後のサウナがよい。じわじわと体が温まってきて、「ととのい」と似たような感覚になる。あと2回(実は、来年5月上旬までの回数券も1枚ある)、11月中に通うとするか。

今日のととのい度→2 ☆☆★★★

サウナの後、レストランで夕食にする。温泉施設に併設のレストランは、湯上がり状態で御飯が食べられるからよい。タオルを肩にかけ、畳敷きだから裸足で入れる。反セルフだからなのか、注文後それほど経つことなく食事が出てくる。平日夜の時間帯だからか、それほど混んでいない。そしておいしい。御飯が他の食堂よりも少なめなのがうれしい。

ここである程度まんぷくになると、家に帰ってもビールを飲みたいと思わないので、禁酒日には最適。でもここでサウナの後ビールを飲みたい。